伝統と挑戦

繊維の町大阪谷町で60年の伝統を継承し、今もなお新型の型紙へのこだわり、着心地、肩がこらない縫製を追及し続けるNFLソーイングファクトリーは燕尾服、タキシード、モーニングコート、フォーマルスーツが縫製し続け、現在ではビジネススーツのパターンオーダーまで仕立てます。

小ロットでの縫製が可能なため、数あるテーラー様にご利用いただいております。

伝統と挑戦

日本国内縫製職人へのこだわり

着心地、肩がこらない縫製をするために、通常はミシンで袖つけをするところを、人間の身体に合わせて肩がスーツにはまりやすいように倍の時間をかけて職人がひと縫いひと縫い、手縫いで縫製しています。

日本国内縫製職人へのこだわりで何度も縫い直すことがありますが、妥協ができないこだわりは誰にも負けません。

日本国内縫製職人へのこだわり

60年の歴史ある工房

長年礼服一筋で縫製してきた職人チームだからこそ、子供スーツから、礼服、オーダースーツ、燕尾服、タキシードまで1着から縫い上げることができます。

60年の歴史ある工房

価格について

国産生地、国産の付属、国内縫製、日本人の職人と国内縫製で仕上げているのに、このような低価格の理由は生地メーカーや付属メーカーと直接取引をしており、工場直売のため百貨店では25万円もする燕尾服も、15万円もする御幸毛織のモーニングコートもマージン価格なしで縫製、販売できるため、お安く縫製することができます。

価格について

社長が語る

社長が語る

大阪谷町にある繊維業3代目の私は60年間引き継いだ伝統と、お客様の笑顔を忘れずに、また職人達に感謝をしながら、すばらしい礼服をお届け致します。